FC2ブログ

地下生活者の映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

リアリズムの宿

140227.jpg
地下生活者のお店でチェック

これはTOKYO MXでやってました。
つげ義春の同名漫画を元に、モテない男の山陰二人旅をとことん緩く描いたコメディ。2003年作品。

オフビートな笑いというのだろうか…わかりやすさが何より珍重される今では、ちょっと受け入れられないタイプの映画。
観始めた最初の15分くらいはかなり独善的な匂いを感じて、途中で止めようかとも思ったが、慣れてくるとだんだんと面白くなってきて、最後は終わるのが惜しいような気さえしてきた。
佳作とか好編と言い切ってしまっていいだろう。

こういう無目的な緩い旅をしてみたい…と思わせた時点でこの映画の勝ち。

予告編
スポンサーサイト

コメディ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<チョコレート・ファイター | HOME | モノリスの怪物/宇宙からの脅威>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。