FC2ブログ

地下生活者の映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

力道山 男の魂

140303.jpg

これは神保町シアターの伝記映画特集で観ました。
戦後の国民的スター、力道山主演映画の第3作。56年作品。

力道山が本人役で主演。
あくまで試合を見せ場としながら、市井の人々との交流や八百長を求めてくるギャングとの対立など、細かいエピソードが描かれる。
(力道山が徹底的に純朴で優しいおじさんとして描かれているのがおかしい)

これが最良のプリントなのだろうが、カラーが退色して完全なセピアになってしまっているのが、力道山のカラー映像がほとんど残っていないだけに残念。

東宝資本の作品で、おなじみの東宝俳優陣が続々登場するのが楽しい。
特に有島一郎と森繁久彌の軽妙な演技には笑わせられる。


スポンサーサイト

ドラマ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ミスター・ジャイアンツ 勝利の旗 | HOME | チョコレート・ファイター>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。