地下生活者の映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ゼロ・グラビティ

140414.jpg
地下生活者のお店でチェック

これは封切りで見逃していたので目黒シネマで観ました。
広大な宇宙にひとり放り出されたサンドラ・ブロックの奮闘を描いたワンアイデア映画の傑作。2013年作品。

まあ傑作と断言してもいいでしょう。
冒頭の延々と続く擬似(?)ワンショットにはじまり(最後までそれでいくのかと思った…)、無重力空間を当たり前の情景として見せる技術の凄さもさることながら、この映画が宇宙(暗闇)にひとり放り出されるという、ひじょうに原初的な死への恐怖を観客に感じさせている点が何より素晴らしい。

とことんリアルなドラマで押してきただけに、終盤、ジョージ・クルーニーが船に戻ってきたときには思わず卒倒しそうになったが、夢だったということで一安心。
絶望して自殺しようとしたサンドラ・ブロックが、ぎりぎりのところで思いとどまり自分を奮い立たせるシーンは、「ゾンビ」のピーターみたい(笑)でかなりかっこいい。
そしてラストの文字通り地に足をつけての仁王立ち(&ローアングル!)
いやあ、いいですよ、これは。もう一回観たい。

予告編
スポンサーサイト

SF | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<男はつらいよ 翔んでる寅次郎 | HOME | ピクニック at ハンギングロック>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。