FC2ブログ

地下生活者の映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

打倒(ノック・ダウン)

140522.jpg
地下生活者のお店でチェック

これはしばらく前のBSの録画。
赤木圭一郎主演の、若干太陽族映画のノリが入ったボクシング映画。60年作品。

50年以上前の映画だが、松尾昭典監督のひじょうにスタイリッシュな絵作りのせいもあって、意外に古さは感じさせない。

チャンピオン育成に異常なほどの情熱を傾けるトレーナーが見込みのある青年を強引に拳闘の世界に引きずり込むという物語、ライバルを死に追いやってしまうラスト(試合後の控え室のシーン!)など、後の「あしたのジョー」に通じるイメージが多いのに驚かされる。

地味なヒロインが、主人公の“街の電器屋さんになる”という言葉をきいて、笑顔で後を追うラストがいい。

主題歌
スポンサーサイト

アクション | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<少林寺三十六房 | HOME | 男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。