地下生活者の映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋

140603.jpg
地下生活者のお店でチェック

これはだいぶ前のBSの録画。
いしだあゆみがマドンナを演じたシリーズ29作目。82年作品。

寅さんがいしだあゆみから猛アタックを受ける(夜に寝室を訪ねられる!)という信じられない展開。
それなのに寅さんときたら狸寝入りを決め込んでしまうという…男としてまったく共感できない対応。
丹後を舞台に、裏日本(失礼)のうら寂しい風情が印象的に描かれた、この時期屈指の好編だとは思うが、あの狸寝入りだけは納得いかない。
その後の鎌倉でのデートに満男(まだ小学生)を連れて行くという対応もまったく解せない。
(まあ90年代の満男シリーズのことを思えば、恋愛英才教育として意味があったのかもしれないが…)

いしだあゆみ(大阪出身)の完璧な関西弁が、作品の情緒を一段と深いものにしていた。
(この前の松坂慶子の大阪弁はひどかったもんなぁ…)

鎌倉のシーン
スポンサーサイト

コメディ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<キック・アス/ジャスティス・フォーエバー | HOME | ギターを持った渡り鳥>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。