地下生活者の映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ヴェラクルス

140705.jpg
地下生活者のお店でチェック

これはBSでやってました。
ゲイリー・クーパーとバート・ランカスターの二大スター共演の大型西部劇。54年作品。

当時のスター映画の枠組みを出るものではないが、ロバート・アルドリッチ監督らしい気の利いたアクションの見せ場が多く、今観ても退屈しない一作。

登場人物が一皮剥けばみんなワルというところが面白いのだが、肝心のクーパーが金目当てで動く男に見えず、キャラクター設定がやや曖昧だが、行くあてのない男たちが荒涼としたメキシコで虚しい最期を迎えるという、今でも犯罪映画で使われるこのパターンは、やっぱりいい。

ラストの決闘
スポンサーサイト

西部劇 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ソナチネ | HOME | 男はつらいよ 旅と女と寅次郎>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。