FC2ブログ

地下生活者の映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

偽大学生

140831.jpg

これはフィルムセンターの増村保造特集で観ました。
学生運動にかまけるエリート大学生の偽善を糾弾した、笑うに笑えぬ悲喜劇の傑作。60年作品。

四浪中の主人公は思い余って親に嘘をつき、校章を襟に偽の大学生になりすます。
ひょんなことから学生運動グループに迎え入れられた主人公は、デモに乱闘にと活躍し、これまで味わったことのないような充実感を得ていく。
しかし偽学生だと気づいたグループのメンバーは、彼が官憲のスパイではないかと疑い、監禁し尋問する。
なんとか脱出した主人公は警察に保護されるが、グループ解体をもくろむ警察側は、保護という名目のもと彼を監禁し、監禁罪で学生グループ逮捕しようとする…

とにもかくにも偽大学生を演じるトリックスター、ジェリー藤尾の存在感に尽きる。
(室伏広治をマイルドにしたような)野性味と朴訥さが同居したこの主人公を、ジェリー藤尾以外の誰が演じられただろうか。
彼の天性の明るさを逆利用して、ずしりと重い喜劇を作り上げた増村保造の手腕も見事。

女子大生役の若尾文子が醸し出す憂いと倦怠感が堪らない。
スポンサーサイト

コメディ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大怪獣ヨンガリ | HOME | GODZILLA ゴジラ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。