FC2ブログ

地下生活者の映画日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

飢餓海峡

140908.jpg
地下生活者のお店でチェック

これはBSでやってました。
戦後間もない混乱と貧困に満ちた日本を舞台に、強盗殺人事件の容疑者を追う刑事と、その容疑者を恩人と慕って再会を願う娼婦のドラマを描いた社会派サスペンスの傑作。65年作品。

人間の業、消し去れない過去…「砂の器」に通じるテーマを持った骨太サスペンス。
白黒画面が重い。

推理もののロジックとしてはどうかと思うが、娼婦(左幸子)が大事にとっておいた容疑者の爪や、刑事(伴淳三郎)が保管しつづけていた灰など、執念を感じさせるアイテムがいい働き。
晩年の穏やかなイメージに騙されそうになるが、三國連太郎が異形の俳優だったことが、これを観るとよくわかる。

予告編
スポンサーサイト

サスペンス | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<星空の用心棒 | HOME | 大怪獣ヨンガリ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。